第12回「フランク永井 歌コンクール」開催要項

1、趣旨

大崎市松山出身で昭和歌謡界に偉大な功績を残した、魅惑の低音歌手フランク永井氏を顕彰し、歌を歌い継ぐコンクールを実施する。
併せて、今なお多くの人々に愛され続けているフランク永井氏は松山の宝・大崎の宝・日本歌謡界の宝であることから、氏の歌を歌い、聞くことを通じて大崎市の地域づくりに貢献する。

2、主催

フランク永井歌コンクール実行委員会/大崎市松山まちづくり協議会

3、後援 

大崎市/大崎市教育委員会/ビクターエンタテインメント/日立市吉田正音楽記念館
吉田事務所/大崎市松山文化協会/大崎市松山観光協会/大崎商工会/鳴子温泉郷観光協会
大崎タイムス社/河北新報社/石巻日日新聞社/朝日新聞社仙台総局/産経新聞社仙台支局
毎日新聞社仙台支局/読売新聞社東北総局/KHB東日本放送/仙台放送/tbc東北放送
ミヤギテレビ/大崎ケーブルテレビ/大崎市文化協会/せんだいタウン情報S-style
エフエム仙台

4、協賛

(株)一ノ蔵/仙台味噌醤油(株)/新みやぎ農業協同組合/(株)プロスパイン 

5、主管

フランク永井歌コンクール実行委員会

6、日時

◇予選会 : 令和6年3月16日(土)午前10時00分[開場:午前 9時00分]
◆決勝大会: 令和6年3月17日(日)午後 0時30分[開場:午前11時30分] 

7、会場

大崎市松山体育館(住所:〒987-1304 大崎市松山千石字松山34-1)

8、応募資格

フランク永井の曲(オリジナル曲)を歌唱する方は、どなたでも応募出来ます。

9、応募方法

申込み用紙(応募用紙)に歌唱曲名、住所、氏名他必要事項を記入し、現金書留にて参加料、自前で用意したカラオケテープ、CD又はMDを添えて事務局まで申し込み下さい。
申込み用紙(応募用紙)は、HPからプリントアウトするか、事務局に電話又はFAXでお問い合せ下さい。
注)自前で用意したカラオケテープ、CD又はMDを伴奏に歌い、予選会審査を受けていただきます。テープ審査ではありませんので、くれぐれもカラオケテープに自分の歌を吹き込まないで下さい。
(出場応募後の歌唱曲目変更はプログラム編成の都合上認められませんのでご留意下さい)

10、応募先

〒987−1304 大崎市松山千石字広田30 松山総合支所第二分庁舎内
フランク永井 歌コンクール実行委員会事務局 宛
【電話090-1492-0438・FAX0229-25-4774】

11、応募〆切

令和5年12月28日(必着)
※締切日12月28日に限らず、100組に達した場合は受付を終了します。

12、参加料

5,000円(デュエットの場合は、6,000円)

13、審査選考

◇予選会 :フランク永井の曲2番までを歌唱、審査し上位30組を選出します。
◆決勝大会:予選会を通過した30組で、予選会と同じ曲を2番まで歌唱、審査し入賞者を決定します。
注)予選会・決勝大会共に歌唱時の楽譜の準備は致しません。                        注) 応募者が100組未満の場合、上位選出数の変更もあります。
注)審査結果に関してのお問い合わせは、一切お受け致しません。

14、表彰

優 勝: 1名   賞状 トロフィー 副賞
準優勝: 1名   賞状 トロフィー 副賞
第3位: 1名   賞状 トロフィー 副賞
特別賞: 3名   賞状 トロフィー 副賞
参加賞: 出場者全員

15、審査員

審査員長: 井上 博雄 先生(ビクター歌謡音楽研究会本部講師)
審査員:  大森 一夫 先生(県内在住 作曲・編曲家)
      千葉有一郎 先生(県内在住 作曲・編曲家)

16、観覧入場料

◇予選会  令和6年3月16日(土) 無 料
◆決勝大会 令和6年3月17日(日) 前売券1,000円(当日券1,200円)                     ※前売券の販売等については、HPを参照願います。

17、その他

申込者には、応募締め切り後2月上旬頃(多少前後する場合有り)に出場に関する連絡事項をお送り致します。  ※事務局へのお問い合わせなどの電話は、平日の午前10時~午後5時とさせていただきます。

出場申込書はこちら

TOP